子連れでゲリラ豪雨にあった話

こんにちは、ばば子です。

最近の夏は異常気象が増えていますよね。

そのなかのひとつ、ゲリラ豪雨。

先日、保育園のお迎え時にゲリラ豪雨にあい、散々でした。

ゲリラ豪雨にあったときのお話

保育園へは大人の足で徒歩10分。

夏は朝夕でも暑いので、保育園の送迎は下の娘(0歳)をおんぶして電動自転車に乗っていくのが定番のスタイル。

その日はお迎え時に今にも雨が振りそうでした。

なので自転車はやめて、娘をおんぶから抱っこに変え、

上の息子(2歳)の傘と長靴とレインコートを持参して、徒歩でいくことにしました。

保育園に着く頃にちょうど雨が降り出しました。

息子に準備させ保育園を出る頃には雨がシトシト。

早く帰ろ〜!と歩き出すと、ものの十数メートルしか進んでないのにまさにバケツをひっくり返したような豪雨に。

これは息子を歩かせて帰るのは無理だと判断し、とりあえず近くのコンビニに避難。

傘の意味がないぐらいビッチョビチョになった身体にエアコンが効いた店内。

タオルも着替えも持ってない!

とりあえず保育園のかばんに入っていた今日のプールで使った濡れたタオルで息子の身体を拭く。

風邪をひかないだろうかと心配しながら雨が弱まるのを待つが、全く弱まる気配なし。

タクシーも捕まらない。

(配車アプリで確認しただけだったので、タクシー会社に電話したら来てくれただろうけど、いつも雨の日は一時間ぐらい待たされる)

せめてお菓子と温かい飲み物でも買ってあげようかと思ったけど

コロナの影響でイートインスペースは使用不可…

かれこれ20分程度経ったけどまだ土砂降りの雨。

店内をウロウロする息子を抑えながら私のとった選択は

「ママ友の家に避難する」でした。

同じ保育園のママ友。

お家は今いるコンビニのすぐ近く。

その日別件で連絡をとっており、娘ちゃんが発熱で仕事を休んでいると聞いていました。

LINEをするとすぐ返信がきたので、ど厚かましくもお邪魔させてもらうことにしました。

土砂降りのなかなんとか息子を歩かせお家に到着。

(見たことのない豪雨に目の当たりにし息子は大興奮…)

タオルと息子の着替えを貸してもらいました。

雨が弱まるまでのつもりでしたが、結局夕飯までごちそうになり20時までいました(笑)

本当にママ友の優しさに涙が出ました…

ママ友がいなかったら一体どうすればよかったのか…

娘をおんぶに変えて、息子を抱っこして帰るしかなかったと思います。

今後のお迎え時に心がけたいこと

友達のありがたみを改めて実感した出来事でしたが、今後は他人様に迷惑をかけないように対策をしたいと思います。

そこで、夏の間のお迎えは以下のルールを守ります!

  • お迎えに行く一時間前に雨雲レーダーをチェック

お迎え時間にかぶりそうなら早めに迎えに行きます

  • 家を出発するときに「怪しい雲行き」ぐらいなら徒歩ではなく急いで自転車で行く

自転車でダッシュでいけば往復10分で帰ってこれるので、途中降られたとしてもダメージは少なそう。

  • タオル、スマホ、小銭を持っていく

いつもお迎え時には財布は持っていきませんでしたが、どこかで雨宿りする場合に備えて小銭があった方が安心。スマホ決済に対応してないお店もあるし。

夫の一言

帰ってきた夫に一連の話をしたら一言。

「俺なら保育園に戻ってタクシー来るまで待たせてもらうな」

さすが研究者夫!!

かしこーい!!!

タイトルとURLをコピーしました